灘中E-Lecture
灘中実践2日目対策

プラス1点で合格できる「部分点」の取り方を伝授します。

6年生の2学期は入試直前の時期ですので、「1点」を引き上げるための対策が必要です。
そこで、この講座では、「部分点」の取り方を詳細まで追求し、同じ理解度でもその範囲内で最高の得点とすべく、答案の作り方にこだわっていきます。すでに実施された灘中オープン過去問の2日目タイプを題材に、テスト形式で取り組んでいただき、その答案を、前灘校の教諭である新井・納の両名が採点をします。実際の灘の採点に限りなく近い形を提供できますので、本番での点の取り方までしっかりとイメージしていただけます。もちろん、その答案へのアドバイスもいたします。問題の解説については、オンデマンド(録画タイプ)でご覧いただけます。

9 月 ~ 12 月(全4回)
※ 10月は「灘中オープン模試」

灘中国語1日目徹底対策,日々プリ

2018年度入試用灘中E-Lectureはこちら

サンプル動画

  • 算数
  • 国語
  • 理科
灘中合格者インタビュー

日本最難関の灘中をめざしている6年生の皆さんへ・・・!

灘中E-Lecture算数・国語・理科についていろいろ話してもらいました!

算数

ドキドキ・ワクワクする授業

灘中E-Lecture算数は、授業の開始とともに新しい問題をその場で解きますので、授業前には緊張しました。
いざ問題を解き始めるとスピード勝負で、自分が一番に正解したいのでとてもドキドキしながら問題に取り組みました。
他の人が出した解答と自分の答えが違うときはどうしようと不安になります。
画面には受講生のハンドルネームが表示され、誰が受講しているのが分かりませんが、沖縄から北海道まで全国の6年生と一緒に正解を競うことができるのでとてもワクワクしました。

国語

イメージがわき、覚えやすくなる

国語は、入試で詩の問題を見た瞬間に驚きました。
これ灘中E-Lectureでやった問題や!詩の内容が分かっているので安心して問題に取り組むことができました。
俳句は、初めのうちは全く理解できませんでしたけれど、E-Lectureの授業を受けているうちにだんだんと分かるようになりました。
「国語サプリ」には写真を使った俳句の解説があり、動植物の特徴をつかめてイメージがわくので、簡単に覚えられました。
「志望校別日々プリ」でも俳句の問題が何度も出てきますので、自然に知識が定着しました。

理科

整理して問題を解けるようになった

理科は、自分が苦手な力学中心に解説をしてもらえてとても良かったと思います。
もともと早とちりな性格でしたが、1つ1つよく考え整理できるようになりました。
また、いろいろ可能性を試しながら粘り強く解けるようになりました。
中学受験を飛び越えたレベルの話をたくさん聞かせてくれたのも良かったです。


大学入試問題を算数で お問合せ フリーダイヤル:0120-804-109 体験授業受付中
灘中E-Lecture公式LINE友だち追加
進学館HP

ページの先頭へ戻る

お電話でのお問い合わせ

WEBでのお問い合わせ