大学入試問題を算数で

 2016年10月2日実施の「算数と数学の架け橋」というイベントで、灘高校1年生と進学館6年生に京大など難関国立大学の数学入試問題に挑戦してもらいました。
小6・高1それぞれの生徒から解法発表をし、進学館講師が算数で、研伸館講師が数学でさらに踏み込んだ解説をしました。
この経験を通じて、算数と数学がつながっていることを実感してもらえると同時に、中学入試のヒントを得られたことでしょう。

大学入試問題を算数で

 この企画の「ねらい」は、次の2点です。
・入試問題作成者の発想を得ること
・中学生以降の数学の学習に、算数が生きていることを知ってもらうこと

 まず、発想を得る点について、中学の入試問題を作成される学校の先生は、常に大学の入試問題を研究しています。そこから算数に落とし込んで中学の入試問題を作成されることも少なくありません。そのような、入試の題材となりうる問題に触れることで、新たな視点を養うことができます。
次に、算数が生きている点についてですが、国語や社会のように明らかにつながっている科目と異なり、算数と数学は別のものと捉えられてるかもしれません。大学受験をくぐり抜けた学生たちが、中学入試の算数に苦戦する場面は少なくありません。細かい部分まできっちりと論理を積み上げる数学に対して、あいまいな部分は残しながらでも、確実に答えにたどり着こうとする算数。大枠を算数という科目の中で捉えることができていれば、緻密な数学に、確実につながっていきます。やはり、数学は算数の延長です。それを知ってもらえる機会となったのではないでしょうか。

 中学受験を経験することは、中学生以降の学習に大いにプラスになります。小学6年生は、まだまだ学習時期の真っ只中。先を見て、今の学習を大切にしていきましょう。

大学入試問題を算数で
大学入試問題を算数で

→解答・解説はE-Lectureでご覧ください。

解答・解説を確認するときは、ログインIDとパスワードに「guest」と入力して、ログインしてください。

E-Lecture Playerのダウンロードはこちらから

iOS

iPad

App Store

iPhone/iPod touch

App Store

Android

Google Play

Google Play

Amazonアプリストア

Amazonアプリストア

PC

Windows/Mac

Windows/Mac

大学入試問題を算数で お問合せ フリーダイヤル:0120-804-109 体験授業受付中
灘中E-Lecture公式LINE友だち追加
進学館HP

ページの先頭へ戻る

お電話でのお問い合わせ

WEBでのお問い合わせ